- Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

Blog記事一覧

骨盤のゆがみ

2017.07.09 | Category: 未分類


今回は骨盤のゆがみのお話です。
上の写真は骨盤矯正の前後で足の長さを撮影したものです。
この患者様は長年の腰痛で悩まれていてお体を診させていただくと左足が短くなっていました。
左右の骨盤のゆがみに差が出ると足の長さが変わってしまいます。
その左右のバランスの崩れと骨盤のゆがみから腰痛が起こっていたので骨盤の矯正をして足の長さを揃えて、ゆがみを整えていきました。
施術後は体が軽くなって姿勢がよくなったと喜びの声をいただきました。

1回の施術ではまたゆがみは出てきてしまうので、繰り返し施術して骨盤のいい位置をお体に覚えこませていくことが大切です。

腰痛や骨盤のゆがみでお困りでしたら一度当院までご相談ください。
お電話もしくはLINE@でご連絡お待ちしております。

坐骨神経痛でお困りの方へ

2017.07.04 | Category: 未分類

今日は坐骨神経痛についてのお話です。

先日、数か月前から左の坐骨神経痛で長い間座っていられないという女性の方が来院されました。
お体を診させていただくと、腰からおしり、太ももの裏の筋肉が左右で硬さが違っていました。
おそらく長年の悪いクセで左側にばかり負担がかかりやすい姿勢になってしまい、負担が蓄積して痛みが出てしまったのだと思います。
坐骨神経痛はほとんどの場合が筋肉の間を通る神経が圧迫されてしまって痛みが出てしまいます。
当院ではまずはその痛みを取っていくために深いところの筋肉にアプローチして施術を行います。
その痛みが軽減してきたら根本的に痛みが出ないお体を作っていくための姿勢の改善を提案させていただきます。
多くの場合は左右の筋肉のバランス、姿勢のゆがみから坐骨神経痛になってしまいます。
なので根本的に解決していくためには正しい姿勢が取れるお体を作っていくことが重要です。

当院では骨格の矯正とインナーマッスルのトレーニングによって体を軸でしっかりと支えられるようにしていきます。
そうすることで根本的に痛みの出ないお体を作っていくことができます。

先述の女性の方も痛みが取れてきたので姿勢の改善を目指して治療継続中です。
「痛みが取れてきてうれしい、もう繰り返さないようにしたい」
とのお言葉をいただきました。

もし長年に渡って坐骨神経痛でお困りでしたらぜひ一度当院にご相談ください。
ご連絡お待ちしております。

ひじの痛み

2017.06.30 | Category: 未分類

先日、ひじの痛みで困ってる方が来院されました。
お体を診させていただくと、ひじの周囲、特に外側の筋肉のつくところに炎症が起きてしまっている状態でした。

その痛みをかばうので肩や腕のほうにまで痛みが出てしまってました。

後ろ向きの姿勢の写真を見させていただくとひじの見え方、位置が右手と左手で違っていて右肩は前に巻き込んでしまってる状態でした。
この状態だとひじの曲げ伸ばしがスムーズにできずに関節にすごく負担がかかってしまいます。

姿勢の崩れからだんだんとゆがみが出てきてしまったと思われます。
この状態で使いつづけると正しい関節の使い方ができないので余計に痛みが出やすくなってしまいます。

施術ではひじの痛みを取っていくためにひじの周りの筋肉をほぐしていき、関節には炎症を抑えるようにアイシングなどの処置をさせていただきました。
また根本的に負担がかかりづらいお体にしていくために、骨格の矯正を行いました。
施術後はお体が軽くなったのを実感され大変喜ばれていました。
ひじの痛みは使い過ぎで痛めているので、取れるまで時間がかかりますが必ず良くなるので治療を継続していきましょうとお伝えしました。

当院では痛みや症状に対しての施術はもちろんですがそれを繰り返さないための根本治療もご希望があれば提案させていただいております。
お困りでしたらぜひ一度ご相談ください。
お電話お待ちしております。

インナーマッスルを鍛える

2017.06.21 | Category: 未分類

今日はインナーマッスルのお話です。
最近はテレビや雑誌などでも頻繁に取り上げられていますよね。

体にはインナーマッスルとアウターマッスルの2種類の筋肉があります。
洋服と同じです。
インナーとアウター、中か外かっていうイメージです。表面の見えてる筋肉は全部アウターです。で見えてない深部の骨の近くにあるような筋肉がインナーです。
それぞれ役割が違います。
インナーマッスルは体を支える筋肉で、アウターマッスルは体を動かす筋肉です。
この二つで人間は動いています。
なので座ってるときはインナーマッスルです。首を動かすとか起き上がるとか腰を曲げるとかっていうのはアウターマッスルです。

こういう風に役割分担されてるんですが、役割分担されてる中でインナーがもしうまく使えてなかったり、逆に弱くなってしまったりすると、それでも人間は体を支えなければいけないので座ってるときとか立ってるときもそうなんですが。インナーがうまく使えてないとアウターが発動します。
なので常に使っているインナーはスタミナがある筋肉で長距離のマラソンランナーみたいな筋肉なんですが、アウターは動かすときにしか使わないので瞬発力はあるんですが持久力がありません。100メートル走の選手みたいな筋肉です。

インナーがうまく使えなくなってくるとアウターが動くということは自分は100メートル走の選手なのにマラソンを走らされる状態になります。
そうすると何が起きるかというと簡単に筋肉が疲労してしまいます。筋肉疲れやすいんで体が疲れやすくなります。

体が昔より疲れやすかったりとかだるかったりとか、長時間同じ姿勢でいると首・肩・腰がつらくなったりとかっていうような症状がある方はアウター優位になっている可能性が高いです。

当院ではこのインナーマッスルの状況、動態っていうのを検査して鍛えていくことができます。
今のお体のインナーマッスルがどれくらい残っているか、どれくらい使えてるかっていうのをチェックすることができます。
そのうえである程度の水準まで鍛えるにはこれぐらいやるとつきます。っていうのを割りだすことができます。
骨格の歪みは支えられなくて、支えきれなくて歪んでくるので、支えきれなくて歪んできていろんなところがストレスがかかるので痛みや症状が生まれてきます。
インナーマッスルはきちんと鍛えてあげると常に使っている支えるための筋肉なので簡単に落ちません。
スポーツジムとかは鍛えて鍛えていい体になったなと思ってもジムに行かなくなったら無くなってしまいます。
インナーマッスルはそれがない筋肉です。
なのでつけるのは難しいんですが、一度つけちゃえば、体の軽さとか、動き、動ける量というのが変わってくるので、今ちょっとつらいなっと思ってやってるようなことが普通にできるようになります。

もし体力の低下や昔より疲れやすくなったという方は一度当院にご相談ください。
お体を診させていただいて、体質を変えていくプランを提案させていただきます。
お電話お待ちしています。

骨盤のゆがみとズレ

2017.06.20 | Category: 未分類

今日は骨盤のゆがみとズレについてお話させていただきます。

骨盤は体の中心で土台となる部分です。
骨盤がゆがんでいたりとか、ズレてしまって正しい位置でなくなるとうまく体を支えられなくなり、
周りの筋肉に負担がかかり、バランスが崩れて
腰痛や背中の痛み、首・肩の痛みにつながってしまいます。

特に産後はホルモンの関係で骨盤が柔らかい状態なので、片方の脚を組んだりとか、前かがみなどの悪い姿勢が
続いてしまうと骨盤がゆがんでしまいます。

また、妊娠中は骨盤を支える筋肉、インナーマッスルが引き伸ばされてうまく使えていない状態なので骨盤のゆがみやズレが出やすい状態です。
当院では産後の骨盤矯正を得意としています。

バキッ、ボキッ!はしません!

当院の骨盤矯正はトムソンベッドという特別なベッドを使って重力を利用して少しずつ骨盤を動かして正しい位置に戻していきます。
そうすることで体に負担がかからない安全な矯正ができます。
骨盤矯正で骨盤を正しい位置に戻していくのはもちろんですが、同時にインナーマッスルも鍛えていくインナートレーニングも受けていただくことができます。
両方受けていただくことでもうゆがみが出ない強いお体を作っていくことができます。

また美容面でもインナーマッスルを鍛えることで代謝が上がり、脂肪を燃やしやすい体になります。
お腹周りの脂肪を燃やしてくれるのでポッコリお腹がへこみます。

インナーマッスルを鍛えるとゆがみが出なくなり、ゆがみが出なければ痛みや症状も出なくなります。
根本的にお体を変えていく治療を当院ではご提案させていただいております。

骨盤のゆがみでお困りでしたら一度当院までご連絡ください。
お電話お待ちしています。

アクセス情報

所在地

〒270-0161
千葉県流山市鰭ヶ崎11-9 SKA南流山101

駐車場

サイゼリヤ南流山店をご利用ください。
領収書をお持ち頂きましたら駐車料金をお支払いさせて頂きます。

休診日

木曜・祝日